三島 史子

Times & Design Office

1972年 香川県生まれ
1995年 京都府立大学生活科学部住居学科 卒業
1995年 大阪セキスイツーユーホーム神戸営業所 設計課 入社
1996年 設計事務所勤務、高校インテリア科講師
2005年 プランアーク建築事務所 勤務
2015年 Times & Design Office 設立

なに気ない生活の中で撮った家族写真を飾りたくなる家になれば素敵だなと思い、家づくりに向き合っています。住宅は貴重な瞬間がつまった場所。その時々の光や風や香りが大切な記憶に残るような家にしたい。「心地よく、格好よく」あることを一番大切にしています。

木内 浩司

words worth craft

1976年 香川県生まれ
2000年 東和大学工学部建築工学科 卒業
2000年 田所建築事務所(福岡県) 入社
2004年 櫂建築事務所(神奈川県) 入社
2007年 空間設計研究所(東京都) 入社
2010年 words worth craft一級建築士事務所 設立

住宅設計で大切なことは2つあります。1つは土地(環境・風土・方位)が持つ特性に寄り添い、最適なアイデアを導くこと。2つめは対話により住まう人の想いを読み取ること。家族の距離感と笑顔の姿を想像し、街並みや環境にそっと溶け込む住宅建築を目指しています。

田淵 一成

株式会社FANFARE

1978年 鹿児島県生まれ
2001年 九州職業能力開発大学校建築施工システム技術科 卒業
2001年 洋建築計画事務所 入社
2012年 FANFARE 入社

幸せな住まいとは「住まい方×家」で表すことができます。住まい方によって、ささいなことが楽しいものに変わり、家の構成によって大きく日常が変化していく。そして、この2つが掛け算のようにうまくかけ合わさることで、家族の暮らしは大きく豊かになります。それぞれの住まう人に合った、最高の家を一緒に手づくりしていきましょう。

登田 恵吾

THIS ONE DESIGN OFFICE

1964年 広島県生まれ
1984年 広島設計製図学院 卒業
1987年 本兼建築設計事務所 入所
2000年 THIS ONE設計事務所 設立

住宅建築は一生のうちの数少ない大事業。作り方によっては大きな負債となることもあるため、より環境に配慮して身の丈に合った住まいが大切なことだと考えます。 くらしを想像しながら価値観を創造し、一生、この家が好き! と思うような美しさと個性を持ち合わせ、特別感や優越感をくすぐる家づくりを目指しています。

戸田 悟史

トダセイサクショ一級建築士事務所

1974年 東京都生まれ
1997年 芝浦工業大学建築学科 卒業
1999年 芝浦工業大学大学院建設工学専攻修士課程 終了
1999年 株式会社大田純穂建築設計研究所
2009年 トダセイサクショ1級建築士事務所 開設
2016年 株式会社トダセイサクショ一級建築士事務所 設立

「家」を考えている人の良い相談相手、要望を叶えるコンシェルジュとして「イエ」をカタチにするためにセイサクのお手伝いをしていきます。また思い描く夢を現実にするため、要望とデザインをまとめ上げ、土地の歴史や特性を考慮して、建物の「バランス」をとる設計をするよう心がけています。

いとう あつし

スタヂオA.I.A. 伊藤淳建築設計事務所

1968年 三重県生まれ
1991年 名古屋工業大学社会開発工学科建築コース 卒業
1991年 鉄骨工場 工務店
1996年 伊藤淳建築設計事務所 設立

バランスがよく、美しく、そして、おしつけがましさのない居心地のよい空間を、住まう人の感覚や感性などを感じながら形づくるようにしています。家主自身はもちろん、その子どもから孫、曾孫、その先々まで、皆が住みたいと思い続けてくれるような、居心地がよく、そして、じょうぶで長持ちする家づくりを目指しています。

長江 紅美

長江紅美建築設計事務所

1980年 岡山県生まれ
2002年 香川大学工学部安全システム建設工学科 卒業
2004年 法政大学大学院工学研究科建設工学専攻 卒業
2004年 千葉学建築計画事務所 入所
2006年 アーキエア一級建築士事務所 入社
2011年 長江紅美建築設計事務所 設立

住まう人だけでなく、そこに訪れる人たちにも、そっと寄り添うような住宅をつくりたい。住宅は、生活する上で最も身近な「環境」です。その「環境」は、人を優しく受け入れるものであってほしい。そんな住宅をつくるために、柔軟な発想と力強い信念を大切にしています。

中野 晋治

中野晋治建築研究室

1984年 山口県生まれ
2006年 日本文理大学工学部建築デザイン学科 卒業
2011年 中野晋治建築研究室 開設

その土地が潜在的に持つ可能性を十分に吟味し、周辺環境の長所短所を的確に捉え、建築計画の主体であるクライアントの思いや理想を敷地に落とし込んでゆく過程において、それぞれを平等な立場で判断することで生まれる建物は奇をてらうことなく自然体な、合理的で美しく、凛とした佇まいを有すると考えます。そうした建物は人に安らぎや潤いを与え、日々の暮らしを豊かにしてくれる大切な要素となり得るのです。

長谷部 勉

有限会社H.A.S.Market

1968年 山梨県生まれ
1991年 東洋大学工学部建築学科 卒業
1991年 堀池秀人都市・建築研究所 入所
2000年 株式会社服部建築計画研究所 入所
2002年 I.B.S.ARCHITECTS 参画
2002年 H.A.S.Market 設立
2005年 日本フードアナリスト協会 評議委員
2006年 東洋大学 非常勤講師
2014年 建築家住宅の会 理事

敷地の固有性と生活の多様性を読解し、その場所だけ、そこに住む人だけの豊かで快適な家づくりを心掛けています。

内山 里江

コモドデザイン一級建築士事務所

1972年 高知県生まれ
1993年 専門学校 卒業
1993年 トーヨー 入社 築設計業務に携わる
2005年 コモドデザイン一級建築士事務所 設立

表面的な設計手法に惑わされず、深く本質を見極めて構造物としてのポテンシャルを生かし切ることが使命だと感じています。建物の本質に向き合っているとたくさんの思い入れがデザインに溶け込んでいく。何かに安らぎを感じたり、静かに覚醒したり…。建物の魅力は周りの環境までも変える不思議な力があります。中心となる人を安全に快適に、そして幸せにする。さりげなく存在感のある建物を創り続けていきたいです。

矢橋 徹

矢橋徹建築設計事務所

1981年 熊本県生まれ
2003年 日本文理大学 工学部建築学科 卒業
2005年 UID一級建築士事務所 入所
2012年 矢橋徹建築設計事務所 設立

住宅設計で大切にしていることは、慣習的になっている概念を取り払って創作すること。私たちは今、多種多様な社会に生きていますから、慣習を大切にするのではなく、住まう人のライフスタイルに合った住まいを作ることが必要なのです。設計の際はライフスタイルを元にその家族にフィットする住宅のあり方を常に模索することを大切にしています。

小川 真一郎

小川建築設計事務所

1974年山口県生まれ
2000年熊本大学大学院 自然科学研究科建築学専攻 博士前期課程(修士) 修了
2000年安成工務店 勤務
2013年 小川建築設計事務所 設立

家づくりは、住み手がそこにいるだけで心豊かになれる「居場所づくり」でもあります。私たちはその居場所をつくるお手伝いをするクリエーター。住まう人の年齢や家族構成、さらにどのように生活をされたいのかなど、細かく話し合い、その会話の中で拾った言葉を整理し、さまざまなシーンを頭の中で展開させながら設計することを大切にしています。

片上 利子

YuRi建築設計舎

1963年 山口県生まれ
1984年 読売九州理工専門学校 建築科 卒業
1984年 地元工務店 勤務
1988年 設計事務所 勤務
1996年 YuRi建築設計舎 設立

私自身の大切な人たちが、その家に住むとしたら…という想いでプランの中で想像をふくらませ、そして私自身がその家になったような気持ちで、住まう全員がどうしたら笑顔で幸せな毎日を過ごせるのかと、心を込めて設計をしています。箱やモノではなく、生き生きとした家であるように。そのような強い想いを持って家づくりに取り組んでいます。

片上 友二

YuRi建築設計舎

1963年 愛媛県生まれ
1984年 読売九州理工専門学校 建築科 卒業
1984年 地元建築会社 勤務
1990年 設計事務所 勤務
1996年 YuRi建築設計舎 設立

「快適な生活環境」「心地いい動線」「使い勝手」の3つを軸に設計を行っています。家族皆が大好きで、住むほどに愛着が湧くような、派手さはなくとも美しく、落ち着く家であること。そんな本当のかっこよさがある家をつくりたいと思っています。建てたら終わり、ではなく、建てた瞬間から楽しい生活が始まるような、そんな家づくりを目指しています。

川勝 崇道

Kawakatsu Design

1980年京都生まれ
2004年山口大学工学部感性デザイン工学科 卒業
2006年京都工芸繊維大学大学院修士課程 修了
2006年横河設計工房(横浜)
2012年Kawakatsu Design 設立 (横浜にて)
2012年事務所を京都に移転

まず、どんな生活をしたいかを自由にイメージしていただいて、それを伝えていただきたいと思います。そうすることで、最初に限定されず、たくさんの可能性が生まれると思います。たくさんの可能性の中から、一緒に最適なものを探して行きたいと思います。

PAGE TOP